1. HOME > 
  2. 学会活動 > 
  3. 学会誌 > 
  4. 日本統計学会誌への投稿について

日本統計学会誌への投稿について

重要なお知らせ

2017年8月1日

 欧文論文誌への投稿受付は2017年7月31日をもって終了しました。欧文論文誌は統計関連学会連合による新ジャーナル「Japanese Journal of Statistics and Data Science (JJSD)」に移行します。欧文論文の投稿については、こちらをご覧ください。

 なお、和文誌は引き続き投稿を受付けてておりますので、以下の投稿要領にしたがって論文を投稿してください。

投稿要領について

 (日本統計学会誌投稿規定より和文論文誌に関する箇所を引用)

  1. 投稿論文は統計学の理論および応用に関する独創的な内容をもつものに限る。
  2. 和文論文誌に投稿の論文は日本語で書くものとする。また,英語の題目および英語の要旨を付加するものとする。
  3. 著者は,次のうちいずれかの方法を用いて日本統計学会誌へ投稿することができる。
    1. 論文のPDFもしくはPSファイルを,和文の編集担当理事(jjss-jpn)に電子メイルで送付する。
    2. 論文の原稿3部を
       〒101-0051  東京都千代田区神田神保町3-6  能楽書林ビル5F
       公益財団法人 統計情報研究開発センター(Sinfonica) 日本統計学会担当
      に送付する。この場合,原則として原稿を返却しない。
  4. 原稿執筆にあたっては,日本統計学会誌論文原稿執筆要項に従う。
  5. 投稿された論文については,編集担当理事が,依頼した審査員の審査結果に基づいて,掲載の可否を決め,著者に通知する。
  6. 掲載された論文の著作権は,日本統計学会に帰属する。掲載論文の別刷は学会員については30部を無料で著者に送付する(共著者の場合でも全体で30部)。

編集委員会からのお願い

  1. 論文を投稿する際,審査の便宜上完全な原稿の控えを手もとにおいて下さい。
  2. 論文を掲載する際,著者には1回だけ校正をお願いしています。このとき印刷上のミス以外の修正は原則として認めませんのでご承知おき下さい。
  3. 掲載論文の別刷は学会員については30部を無料で著者に送付します(共著の場合でも全体で30部)。それ以上必要な場合は校正の際申し出て下さい。その分については実費をいただきます。また非学会員については実費をいただきます。

日本統計学会誌投稿規定について

 欧文誌の投稿受付終了にともない,投稿規定も変更される予定です。ただし,変更が協議されるのは2018年3月開催予定の社員総会となる見通しです。それまでは,投稿要領にしたがって和文誌に投稿してください。現行の日本統計学会誌投稿規定は,こちらでご覧になれます。

日本統計学会誌論文原稿執筆要項

日本統計学会誌スタイルファイル

 日本統計学会誌は,文書整形印刷システム TeX を用いて出版されています。論文が受理された後に最終原稿を提出して頂く際には,可能な限り以下のスタイル・ファイルを用いてコンパイルした原稿の LaTeX ファイルをお送り下さい。

和文誌用テンプレート

 TeX用 のクラス・ファイル及びサンプル・ファイルは,それぞれ下記のファイル名をクリックすることによってダウンロードすることができます。

(2013年5月現在)

  1. TeX用クラス・ファイルとサンプル・ファイル

注意:上記のクラスファイルは今後修正する可能性が高いですので,最新のものをお使いください。

  • 賛助会員
  • 統計関連メーリングリスト
  • 統計教育委員会
  • 統計検定

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町3-6
能楽書林ビル5F
(公財)統計情報研究開発センター内
TEL & FAX:03-3234-7738

メールでのお問い合わせ